株式会社ジェイアール西日本マルニックス JR West Japan Marunix Co.,Ltd.

安全活動safety activities

運輸安全マネジメントの取組みについて

当社では輸送の安全を確保するために、以下のとおり全員が一丸となって取り組んでいます。

PDFへ

輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。
    また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、従業員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底してまいります。
  2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施するとともに、安全対策を不断に見直し、輸送の安全性の向上に努めてまいります。
    また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

安全綱領

  1. 安全は、輸送業務の根幹である。
  2. 安全の確保の要諦は、執務の厳正、規程の遵守、確認の励行、連絡の徹底である。
  3. 安全のためには、職責をこえて一致協力しなければならない。
  4. 常に他人が最悪の行動をとる場合を想定して、用心深く行動することが大切である。
  5. 判断に迷うときは、最も安全と思われる道をとらなければならない。
PDFへ

デジタルタコグラフ等

当社では一部の特殊な車両を除き全車両に、デジタルタコグラフ、ドライブレコーダー、バックアイカメラを設置しています。

  • デジタルタコグラフ

    デジタルタコグラフ

    運行データを分析し、乗務員に法定速度遵守等の
    安全運転指導を実施するとともに、
    省エネ個別指導等に活用しています。

  • ドライブレコーダー

    ドライブレコーダー

    ヒヤリハット事象等を記録、分析し、
    事故防止に活用しています。

  • バックアイカメラ

    バックアイカメラ

    後退時の事故防止に活用しています。

その他の安全活動

ドライビングシミュレータ

ドライビングシミュレータ
安全研修センター内にドライビングシミュレータを設置しています。

安全性優良事業所認定取得

安全性優良事業所認定取得
当社は全国貨物自動車運送事業実施機関より「安全性優良事業所」に認定され、シンボルマーク「Gマーク」のステッカー使用が認められています。「Gマーク」は安全性について高い評価を得た事業者に与えられるもので、Good(良い)、Glory (繁栄)の頭文字「G」を取ったものです。